名称八郎潟(はちろうがた)
住所秋田県男鹿市・潟上市・南秋田郡八郎潟町など
タイプ干拓地
参考リンク

ご利益

  • 八郎潟の東岸に天瀬川という部落がある。織田信長次男・信雄(のぶかつ)の配所だったという説がある。信雄の館跡がある。
  • 信雄の家臣・浜田与衛門、近くの熊野神社で主君の帰参が許されるようにと祈願。翌年帰参の許しが出た。
  • 参考文献:『日本の伝説1 北海道・東北』 日本伝説拾遺会監修 教育図書

  • 八郎潟はかつて日本で2番目に大きい湖だった。しかし戦後の食糧不足を解消するために大部分が干拓された。
  • 奥羽山脈のパワー、日本海のパワー、大地のパワーが集結している。
  • 開拓精神アップ。
  • ピンチを乗り越える力アップ。
  • 自己表現力アップ。
  • 参考文献:『早分かり!日本のパワースポット』 幸運社 大和書房