名称麻賀多神社
住所千葉県成田市台方1
タイプ神社
参考リンク麻賀多神社HP

ご利益

  • 印波国の初代国造・伊都許利命(いづこりのみこと)が、霊夢により杉の下から7個の玉と1枚の鏡を掘り出し、稚日女尊(わかひるめのみこと)を祀ったのが始まり。これが奥宮(成田市船形字手黒に鎮座)。国造の7代の孫・広鋤手黒彦(ひろすきてぐろびこ)が台方に本社を創建し稚産霊尊(わかむすびのみこと)を祀った。
  • 昭和19年(1944)6月10日、麻賀多神社の境内で、岡本天明が自動書記により『日月神示』を書き始めた。
  • 田村喜照氏によると、日津久神団は日之大神さまの傍系に属する神団。神界戦争で中立をたもった神団。
  • ヒツクの神は、稚日女尊と稚産霊尊のために「火継ぐ・霊(ひ)継ぐ・棺(ひつぎ)」の「日嗣(ひつぐ)」の準備をしている。
  • 参考文献:『日本のまつろわぬ神々』 新人物往来社編 新人物往来社

  • この神社の境内に天之日津久神社(あめのひつくじんじゃ)という末社がある。画家であり神道家でもあった岡本天明が、この天之日津久神社に参拝後、社務所で休んでいたら、突然右腕が動き出し自動書記が始まった。これが後に「日月神示」「ひふみ神示」「一二三(ひふみ)」と呼ばれる天啓の発祥。この自動書記は16年間もの長きに渡って断続的に続けられたという。
  • 参考文献:『魂の叡智 日月神示:完全ガイド&ナビゲーション』 中矢伸一 徳間書店

千葉
安房郡
鋸山
夷隅郡
粟又の滝
養老渓谷
市川市
八幡の藪知らず
葛飾八幡宮
印旛郡
印旛沼
鴨川市
天津神明宮
木更津市
高倉観音
佐倉市
麻賀多神社
佐原市
香取神宮
館山市
安房神社
千葉市
七天王塚
蘇我比咩神社
銚子市
菅原大神天満宮神社
長生郡
玉前神社
東金市
縁結び大社
雄蛇ヶ池
成田市
麻賀多神社
成田山新勝寺
野田市
櫻木神社
富津市
富津岬
南房総市
高家神社