名称大雄山最乗寺
住所神奈川県南足柄市大雄町1157
タイプ
参考リンク大雄山最乗寺HP

ご利益

  • 本尊は釈迦牟尼仏。文殊菩薩と普賢菩薩も脇持仏として祀られている。
  • 本堂(護国堂)、御真殿(妙覚宝殿)、清滝不動尊の不動明王像前が祈願スポット。
  • 「金剛水」は風水ドリンク。
  • 参考文献:『温泉風水』 角川いつか、阿部慎也 光文社

  • もともと富士山龍脈が通っていた場所。今は龍脈は途絶えた。しかしまだ残存パワーがたくさん残っている。
  • 特に本殿の中は強力な気の充電場。疲れた人が気を充電するのに最適。
  • 迷っている人にもおすすめ。決心がつき未来の見通しが立ってくる。
  • 境内に「坐禅石」というのがある。10メートル前くらいから手をかざして近づき赤くなったらストップするとよい。パワーを充電できる。手が赤くならない人は気が滞っていたり邪気が溜まっている可能性があるので、しっかりと気をチャージすること。ここの気は右脳によく効く。クリエイティブな仕事をする人におすすめ。
  • 仁王門と境内をつなぐ「天狗の小径(こみち)」を散策するとよい。
  • 境内の庭園でのんびる過ごすとヒーリング効果を得られる。
  • みがわり御守を買って帰るとよい。災厄から強力に守ってくれる。
  • 参考文献:『開運風水!最強パワースポット入門』 龍山白虎 高橋書店

  • 奥の院周辺からさらに左に登ったあたりにパワーの源がある。
  • 本堂から奥の院にかけての参道では自己認識が促される。
  • 直感力、洞察力、能力、利他意識などが向上する。
  • 参考文献:『超能力者 清田益章が選ぶ本物のパワースポット』 清田益章 学習研究社