名称花窟神社(はなのいわやじんじゃ)
住所三重県熊野市有馬町上地130
タイプ神社
参考リンク花窟神社HP

ご利益

  • イザナミの墓と伝承されている。
  • 花の窟にあいている洞窟は、イザナミが火の神カグツチを産んだときに焼かれたホト(女陰)だと言い伝えられている。
  • 参考文献:『体感パワースポット』 出口衆太郎 BABジャパン

  • イザナミの葬所といわれている。
  • 御神体の大岩には穴がたくさんあいている。その穴から人骨が発見されたことがある。
  • 花の窟の東方約60メートルの海中には謎の大岩窟がある。「ダイハナ」と呼ばれており、「花の窟」の別名である「大般若」がなまったもので、本来はこの海中の大岩窟もふくめて「花の窟」と呼ばれていたのではないかという話もある。
  • 熊野本宮は花の窟から移ったとされる。千代狭田命(ちよさだのみこと)が神器・神宝を天の羽車に乗せて、本宮の旧社地である大斎原(おおゆのはら)に運んだという。
  • 参考文献:『日本の秘地・魔界と聖域』 小松和彦、荒俣宏、他 KKベストセラーズ

  • 伊弉冉尊(いざなみのみこと)が葬られたと伝わる地。
  • 高さ70メートルの巨石が御神体。
  • 日本書紀に記されており日本最古の神社ともいわれる。
  • マイナスの情念が和らぐ。
  • 人生を大切にする心が育まれる。
  • 生命力アップ。
  • 母なる女神に感謝の念を捧げるとよい。
  • 参考文献:『幸せを呼び込むパワースポット』 暁玲華 集英社