名称豊國神社
住所京都府京都市東山区大和大路通り正面茶屋町530
タイプ神社
参考リンク

ご利益

  • 豊臣秀吉を祀る。
  • 以下、豊國神社の歩み。
  • 慶長3年(1598)、秀吉没。
  • 慶長4年(1599)、阿弥陀ヶ峯に豊国大明神として祀られる。
  • 元和元年(1615)、家康の意向で神号剝奪。神社は放置。
  • 明治時代、明治天皇の意向により復興。
  • 以上。
  • 近くに耳塚がある。2万人分の耳と鼻が埋められている。
  • 近くの方広寺の釣鐘に鐘銘事件の文字が今も残る。
  • 参考文献:『怨霊神社―怨霊を鎮めた伝説の神社・仏閣』 日本怨霊研究会 竹書房