名称葛城一言主神社(かつらぎひとことぬしじんじゃ)
住所奈良県御所市大字森脇432
タイプ神社
参考リンク

ご利益

  • 御祭神は、一言主大神、大泊瀬幼武尊(雄略天皇)。
  • 合格祈願。
  • 縁結び。
  • 一言であればどんな願いも叶える。
  • 参考文献:『開運! パワースポット「神社」へ行こう』 一条真也監修、造事務所編著 PHP研究所

  • 以下、一言主神(ひとことぬしのかみ)について。
  • 雄略天皇が葛城山で出会った。
  • 吉凶を一言で決める。
  • 『続日本紀』によると、高鴨神(たかかものかみ)は獲物争いで天皇を怒らせ、土佐国に流された。高鴨神=一言主神。一言主神を氏神とする勢力の零落を意味する。
  • 『日本霊異記』によると、役行者にこき使われていた。
  • 願い事を一言だけ叶えてくれる。
  • 参考文献:『日本のまつろわぬ神々』 新人物往来社編 新人物往来社

  • 雄略天皇が葛城山で狩をした際、一言主大神が天皇と同じ姿で現われた。
  • 御祭神は一言主大神と雄略天皇。
  • 一言の願いは何でも聞き入れてもらえる。
  • 参考文献:『開運!日本のパワースポット案内』 一個人編集部編 KKベストセラーズ

  • 葛城山(かつらぎさん)には願いを一言だけ聞いてくれる一言主命(ひとことぬしのみこと)がいるとされる。また法喜菩薩(ほうきぼさつ)も住し衆生済度の利益を施しているとされる。
  • 参考文献:『図説 日本呪術全書』 豊島泰国 原書房

  • あらゆるものごとを成就させる。
  • ものごとの本質を見抜く力を授けてくれる。
  • 冬至の日に参拝すると良い。
  • 参考文献:『日本全国このパワースポットがすごい!』 若月佑輝郎 PHP研究所