名称東大寺
住所奈良県奈良市草雑司町406-1
タイプ
参考リンク東大寺HP

ご利益

  • 二月堂の近くに良弁杉がある。良弁をさらった大鷲が翼を休めた。
  • 参考文献:『日本の伝説11 奈良・南紀』 日本伝説拾遺会監修 教育図書

  • 近くに手向山八幡宮(たむけやまはちまんぐう)がある。旅立ち応援。
  • 参考文献:『神社でヒーリング』 比企理恵 実業之日本社

  • 以下、お水取りの五行による解釈。
  • 2の多出、鵜の瀬、青衣の女人=木。
  • 若狭(北)の水=水。
  • 奈良(南)、籠松明=火。
  • 水→木→火の相生の理がみられる。祭りの秘儀の中に火生土、土生金、金生水の理も存在し五行循環を実現しているはず。
  • 五行循環で五穀豊穣。
  • 参考文献:『日本古代呪術』 吉野裕子 大和書房

  • 華厳宗の総本山。
  • 大仏様(盧遮那仏)は人々を救いへ導く姿を示す。
  • 幸福を考える所。
  • 金剛力士像などの東大寺の守護神にもご挨拶するとよい。
  • 参考文献:『全国・最強ご利益パワースポット巡り』 金谷俊一郎 宝島社

  • 宗派は華厳宗。
  • 御本尊は盧舎那仏(るしゃなぶつ)。
  • 728年、聖武天皇が亡くなった息子の菩提を弔うために金鐘山寺(きんしょうさんじ)を建立した。それが東大寺の前身とされる。
  • 拝観料500円。
  • 甘くいい香りがする(霊的に)。むかし大仏殿には香油が塗られていたらしい。
  • 大仏殿はスカーンと抜けた感じがする。人の念で淀むことなくきれいに浄化されている。
  • 大仏殿の前に白い大きな大仏(霊的なもの)が見える。
  • 大仏殿から白い柱が天に伸びており、その先はさらに5方向に別れ伸びている。
  • 大仏様からは心が落ち着く何かが発せられている。大仏曰く「私は神の虚像。私を見上げ天を知れ。」。
  • 二月堂には「見ちゃいけない術」がかかっている。
  • 二月堂から奈良盆地を望むと(霊的な)ピラミッドのようなものが3つ見える。1つは大仏殿のところ。
  • 参考文献:『スピ☆散歩ぶらりパワスポ霊感旅 2』 伊藤三巳華 朝日新聞出版

  • 華厳宗の総本山。
  • 御本尊は盧舎那仏(るしゃなぶつ)。華厳経において、宇宙の真理を示し、すべての人々に光を与え、悟りに導く仏とされる。
  • 悩んでいる時や精神的に疲れている時にお参りすれば、大仏様の導きを授かる。
  • リーダー的な立場の人にも光明を与え進むべき道を示してくれる。
  • 参考文献:『早分かり!日本のパワースポット』 幸運社 大和書房