名称檜原神社(ひばらじんじゃ)
住所奈良県桜井市三輪1422
タイプ神社
参考リンク

ご利益

  • 近くに穴師神社がある。垂仁天皇の御代、野見宿禰と当麻蹴速が相撲を行った。宿禰、蹴速の肋骨を蹴り折り腰を踏み砕き殺害。
  • 参考文献:『日本の伝説11 奈良・南紀』 日本伝説拾遺会監修 教育図書

  • 御祭神は、天照大神若御魂神(あまてらすおおみかみのわかみたまのかみ)、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉册尊(いざなみのみこと)。
  • 巨大な蛇がとぐろを巻いている。
  • 上半身裸の女の人がいた。巫女か。
  • リセット。
  • 大神神社は人工的、檜原神社は原始的。
  • 参考文献:『パワースポットの歩き方 スペシャリストに聞く聖地のヒミツ』 伊藤三巳華ほか 朝日新聞出版

  • 元伊勢と呼ばれる。『日本書紀』よると、最初宮中に祀られていた天照大神は崇神天皇の御代に笠縫邑(かさぬいむら)に遷された。ここはその笠縫邑の候補地の1つ。
  • 三輪山から大量の良いエネルギーが流れてきている。
  • 神様・眷属不在。
  • 伊勢神宮の神様の気は感じられない。
  • 体調不良改善。
  • 参考文献:『神社仏閣 パワースポットで神さまとコンタクトしてきました』 桜井識子 ハート出版