名称大斎原(おおゆのはら)
住所和歌山県田辺市本宮町
タイプ旧社地
参考リンク熊野本宮観光協会HP

ご利益

  • 1889年まで熊野本宮大社があった。しばしば洪水に見舞われたため移転。
  • 昔は人々は音無川を歩いてわたり、夜に改めて参拝する手順だった。
  • 参考文献:『日本の聖地ベスト100』 植島啓司 集英社

  • 参拝する際は禊がないとやばいかもしれない。
  • (霊的な)ジョウゴみたいなのがある。
  • 近くに産田社(うぶたしゃ)という小さな社がある。大斎原に風を送っている。
  • 大斎原のある中州は神の盃。
  • 参考文献:『スピ☆散歩 ぶらりパワスポ霊感旅 3』 伊藤三巳華 朝日新聞出版

  • 熊野旧本宮跡地。明治22年に洪水で流された。
  • 風水でいう砂環水包の地。
  • 参考文献:『体感パワースポット』 出口衆太郎 BABジャパン

  • 熊野本宮大社はもともとここにあった。明治時代に熊野川の洪水で社殿が流失し、本宮大社は現在地に遷った。
  • 鳥居の奥の林が神気が強いパワースポット。深呼吸してパワーを吸収するとよい。
  • 参考文献:『江原啓之神紀行 1』 江原啓之 マガジンハウス

  • 熊野本宮大社の旧社地。社殿は明治時代の水害で流されてしまった。
  • 約2000年にわたる熊野詣の念脈が今でも流れている。
  • 端から端まで20分くらいかけてゆっくり歩くとよい。
  • 気を感じる力があるかどうかをテストするのに最適の場所。何かを感じた人はスピリチュアル的才能があるかもしれない。
  • 桜の季節に訪れるのもよい。
  • 参考文献:『開運風水!最強パワースポット入門』 龍山白虎 高橋書店

  • 熊野川と音無川の合流地点である大斎原に力が凝縮されている。1889年の洪水まではここに熊野本宮大社の社殿があった。
  • 浄化の力。
  • 安定の力。
  • 守護の力。
  • 参考文献:『超能力者 清田益章が選ぶ本物のパワースポット』 清田益章 学習研究社