名称赤間神宮
住所山口県下関市阿弥陀寺町4-1
タイプ神社
参考リンク赤間神宮HP

ご利益

  • 安徳天皇を祀る。寿永4年(1185)、数え年8歳で入水。
  • 安徳天皇の遺体は発見されなかったとされるが、下関市伊崎町に漁師が遺体を引き上げたという伝承がある。
  • 建久2年(1191)、御影堂を建立したのがはじまり。はじめ阿弥陀寺といった。明治以降神社になった。
  • 芳一が平家の怨霊に耳をちぎられた。芳一堂がある。
  • 参考文献:『怨霊神社―怨霊を鎮めた伝説の神社・仏閣』 日本怨霊研究会 竹書房