名称原城跡
住所長崎県南島原市南有馬町乙
タイプ城址
参考リンク

ご利益

  • 島原の乱の一揆軍がたてこもった場所。全員虐殺されて乱は鎮圧された。
  • 天草四朗は子供。11~12歳くらいにしか見えない。エリマキはしてない。切れ長の目で、線の細い美少年。「欲のためにやったのではなく、すべて神の示すまま導かれるままにやった」みたいなことを言っている。本当に神童、聖人みたいな純粋な人。普通の人じゃない。
  • 四郎は鉄砲か矢に胸を貫かれて死んでいる。
  • 天草四朗は魂の完成形。もはや転生もしない。
  • 原城跡は2つの顔がある。本当に満足して上にあがっている人と、浄化されずに残っている人がいる。とくに昼と夜でかなり違う。昼間はまだいいが、夜は死霊がうごめく土地になる。
  • 参考文献:『闇の検証 第四巻』 「HONKOWA」編集部編 朝日新聞出版