名称三徳山(みとくさん)
住所鳥取県東伯郡三朝町
タイプ
参考リンク三徳山 三佛寺HP

ご利益

  • 標高約900メートルの霊山。
  • 修験道の開祖・役行者(えんのぎょうじゃ)が「仏教と関わりのあるところに落ちるように」と願いを込めて三枚のハスの花びらを落とし、その一枚がここに落ちたので修験道の行場となった。
  • 849年に円仁によって三徳山三佛寺が建立された。
  • 断崖絶壁にはめ込まれたように建っている奥の院「投入堂(なげいれどう)」は国宝。誰がどうやって建てたのか不明。役行者が投入れたという伝説がある。
  • 三徳山全体には男性的なパワーがある。
  • 投入堂付近には女性的なエネルギーがある。
  • 自分自身を再生させたい方、明日への活力を得たい方は訪れるとよい。
  • 投入堂まで登山することによってしっかりとパワーを受け取れる。入山料が必要。天候が悪いときや日没2時間前になると入山できないので注意。
  • 植物相が逆転している。山麓の深い谷の冷気によって、山頂より麓の方が気温が低くなるためらしい。紅葉も麓から始まる。
  • 参考文献:『パワースポットニッポン』 ヴォイス編集部編 ヴォイス

鳥取
岩美郡
宇倍神社
西伯郡
大神山神社奥宮
大山
東伯郡
三徳山
鳥取市
鳥取砂丘
白兎神社
日野郡
金持神社
米子市
天の真名井