名称斎場御嶽(せーふぁーうたき)
住所沖縄県南城市知念字久手堅
タイプ御嶽
参考リンク

ご利益

  • オーブが現れる。
  • 感謝の心。
  • 素直な状態になれる。
  • 久高島にごあいさつするとよい。
  • 三角岩(三庫理)からから吹く風を感じるとよい。気力アップ。
  • 参考文献:『高津理絵の幸せでみちあふれるパワースポットの法則』 高津理絵 毎日コミュニケーションズ

  • 強靭な精神力。
  • 楽天性。
  • 参考文献:『開運!日本のパワースポット案内』 一個人編集部編 KKベストセラーズ

  • 琉球創世神・アマミキヨがつくった7御嶽の1つ。
  • 琉球王国最高の聖域。
  • 心身浄化。
  • 参考文献:『全国パワースポットPERFECT BOOK』 イースト・プレス

  • 琉球王朝の最高神職・聞得大君(きこえおおきみ)の就任儀式が行われた。
  • 斎場御嶽の周辺が整備されたのは2000年に世界遺産に登録されてから。それ以前は、ほとんど打ち捨てられたような状態になっていた。斎場御嶽を含め、御嶽やグスク(城)は不良のたむろする危険な場所として恐れられていた。
  • 三庫理(さんぐーい)は、もともと三方を岩壁に囲まれていた。その岩壁の一角が近世になって崩れ、よく写真で見るような三角形の透き間ができた。
  • 参考文献:『聖地にはこんなに秘密がある』 島田裕巳 講談社

  • 強い生気がある。
  • 何かを生み出すパワーをもらえる。
  • 進むべき道が明らかになる。
  • 感謝の気持ちで訪れることが大切。貪欲な心で訪れるのはNG。
  • 雨の日や夕方以降に訪れるのは避けた方がよい。
  • 沖縄のパワースポットは心が健やかな時に訪れた方がよい。調子の悪い時に訪れると土地の気にとらわれて帰りたくなくなる。
  • 参考文献:『李家幽竹と行く 幸せパワースポット』 李家幽竹 ダイヤモンド社

  • 須久名山が祖山だが影響力は少ない。沖縄本島の気が抜けていく場所。
  • 入口付近は立ち入りを拒絶する結界のような気がある。結界の中は優しいオーラがある。
  • 御門口(うじょーぐち)から大庫理(うふぐーい)付近がパワーが強い。
  • 三庫理(さんぐーい)には光に溢れた強力なパワーがある。
  • 久高遥拝所では久高島を眺めながら願い事をするとよい。具体的なお願い事よりも大まかなお願い事をするとよい。他人をおとしめるような願い事は避けるように。
  • 晴れた日に訪れるとよい。
  • 啓示を与えてくれる。
  • 生命力アップ。
  • 参考文献:『李家幽竹 最強龍穴パワースポット』 李家幽竹 山と渓谷社

  • 沖縄独特の宗教施設である御嶽の中でも最も格式が高く神聖とされる場所。
  • 琉球神話の神アマミキヨが国始めに造った七御嶽の1つとされる。
  • 琉球における神職のトップ聞得大君(きこえおおきみ)の即位式もここで行われた。
  • 沖縄では男性よりも女性の方が霊力が強いとみなされ神に使える仕事の多くは女性に任された。昔は御嶽に立ち入ることができたのは女性祭祀者だけだった。現在は男性も入れる。
  • 女性によりいっそうパワーを授けてくれる。
  • 参考文献:『風水パワースポットBOOK』 内川あ也 新星出版社

  • 御嶽とは宗教的聖地のこと。斎場は最高位を意味し、斎場御嶽は最高の御嶽という意味。斎場御嶽は、琉球神話の創世の女神アマミキヨが造った7つの御嶽のうちで最も重要な場所とされていた。
  • 斎場御嶽には6つの神域があり、中でも三庫理(さんぐーい)は必見。女神アマミキヨが降臨したとされる久高島を望むことができる。
  • 斎場御嶽に流れ込んでいる龍脈(山脈)は形もよく素晴らしいものである。爆撃のあとや乱開発などで山裾が削られてしまっているが、それでも龍脈としては申し分ない。
  • 斎場御嶽がパワースポットで、案山(パワースポットの前面を守る遮蔽物)は久高島。久高島は一字文星という吉形をしており、このような場所からは神童や貴人が出るとされる。
  • 文学的なひらめきや直観力が磨かれる。
  • 精神の浄化に最適な場所。
  • ストレスの溜まっている人などは訪れるとよい。
  • 参考文献:『風水パワースポット紀行』 山道帰一 メディア総合研究所

  • 沖縄最高の霊地と言われているスポット。
  • 願い事を叶えるというよりも、心を浄化したい人にオススメのスポット。
  • 縁結び、厄除け、仕事運などのご利益がある。
  • 参考文献:『島田秀平と行く! 全国開運パワースポットガイド決定版!!』 島田秀平 講談社

  • 大勢の女たちの霊がいる。昔のノロ(巫女さんみたいなもの)らしい。
  • 御付の者を大勢従えたお婆さんノロがいる。
  • 第二尚氏王朝の頃に組織された神女組織の頂点に立つ聞得大君(きこえおおきみ)は飾りにすぎない。真の実力者はノロであった。
  • 斎場御嶽には龍道が通っている。遥拝所から見える久高島とつながっているようだ。沖縄には龍道がいっぱいあるらしい。
  • 斎場御嶽は沖縄本島随一の神社本殿で、久高島が奥宮といった感じ。
  • ここは沖縄の人達にとっての聖地なので、よそ者がみだりに入ると警戒されて大雨などが降るかもしれないので注意。
  • 参考文献:『闇の検証 第四巻』 「HONKOWA」編集部編 朝日新聞出版

  • 自己調整作用。
  • 人間関係修復・強化
  • アイデンティティ復興。
  • ストレス解消。
  • 参考文献:『超能力者 清田益章が選ぶ本物のパワースポット』 清田益章 学習研究社

  • 個人の願いを神聖なものへと変える力がある。
  • 精神力、楽天性などを与えてくれる。
  • 人の嫌がるような泥臭い仕事でも意気揚々とできるようになる。
  • 参考文献:『日本全国このパワースポットがすごい!』 若月佑輝郎 PHP研究所