名称男体山(なんたいさん)
住所栃木県日光市
タイプ
参考リンク

ご利益

  • 男体山はエネルギーを生み出す陽の働き。
  • 中禅寺湖は男体山の強過ぎるエネルギーを抑える陰の働き。
  • 参考文献:『地理風水―聖なる大地の霊力』 御堂龍児 光人社

  • 奈良時代から山岳信仰の場だった。
  • 標高2486メートル。
  • 二荒山神社の御神体。
  • 勝道上人が開山した。険しい山で3度目の挑戦でようやく頂上までたどり着けたという。その時に建てた祠が二荒山神社の奥宮。
  • 現在は片道3時間半の登山ルートがある。
  • 男体山に登れるのは5月5日~10月25日まで。
  • 7月31日~8月7日に登拝祭が行われる。3柱の神様を人が背負って奥宮へ帰すという意味のある祭り。夜の男体山に登れる。
  • 参考文献:『日本の聖地99の謎』 歴史ミステリー研究会編 彩図社